宮崎市 幼保連携型認定こども園 三和こどもまなび

入園のご案内

これから入園を希望される保護者の方はこちらのページからご覧下さい。

教育及び保育の目標・理念

子どもの神経系は6歳までに成人の約80%が形成されます。
三和こども学舎においては遊びの中で社会性や自己自身を発達させることを理念とし、スポーツを通して体を動かすことの楽しさ・積極性・主体性・自己肯定感などの要素を身に付けさせる事を目標とする。

  1. 良い環境の下に心身の調和的発達を図る。
  2. 健康で充分な発育が出来るよう運動や休息栄養に注意して規則正しい生活を送り、自らの安全を守るような生活習慣及び態度を身につける。
  3. 基本的生活習慣を身に付ける。食事・睡眠・排泄・着衣、清潔等の生活習慣を繰り返し自立の芽生えを養う。
  4. いろいろな表現活動を通じて創造性を養うと共に豊かな情操を養い、思考力と道徳性の芽生えを培う。
  5. 豊かな人格を形成する生活や遊びを通して正しい言葉使いを身につける。

施設の目的

三和こども学舎は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとしての満3歳以上の子どもに対する教育並びに保育を必要とする子どもに対する保育を一体的に行い、これらの子どもの健やかな成長が図られるよう適当な環境を与えて、その心身の発達を助長するとともに、保護者に対する子育ての支援を行うことを目的とする。

運営の方針

三和こども学舎は、教育及び保育に関する専門性を有する職員が、家庭との密接な連携の下に、利用乳幼児の状況や発達課程を踏まえ、養護及び教育を一体的に行うものとする。

三和こども学舎は、利用乳幼児の属する家庭や地域との様々な社会資源との連携を図りながら、利用乳幼児の保護者に対する支援及び地域の子育て家庭に対する支援等を行うよう努めるものとする。